メジャー・インディーズを問わないレコード会社 トライスクル エンタテインメント
(株)トライスクル エンタテインメント

BIOGRAPHY

 高崎晃 1961年2月22日生まれ、大阪府出身。

1977年
LAZYでプロデビュー。 約4年の活動を経た後、本格的なハードロックを志向しLOUDNESSを結成。高崎晃、樋口宗孝、山下昌良、二井原実というラインナップで国内ハードロックシーンの牽引役として活躍。
1983年
海外での活動をスタートし、ヨーロッパでのライブツアーを敢行。『撃剣霊化〜DISILLUSION〜』をロンドンにてレコーディングする。(エンジニアはYESを手がけたジュリアン・メンデルスゾーン)
1984年
アメリカのアトランティックレコードとの契約を得てOZZY OZBOURNEのプロデューサーであるマックス・ノーマンを起用し『THUNDER IN THE EAST』をレコーディング、世界同時リリース。
ビルボードへのチャートインも果たし、モトリークルーらとマジソン・スクエア・ガーデンなどを含む大規模全米ツアーを敢行。
その後もアメリカでの活動を行い『LIGHTNING STRIKES』、『HURRICANE EYES』をリリース。
(『HURRICANE EYES』のプロデューサーはエディ・クレイマー) 約3ヶ月に渡り全米をAC/DCらとツアー。
1988年
二井原実の脱退により新たなヴォーカリストとしてマイク・ヴェセーラを加え『SOLDIER OF FORTUNE』(プロデュースはマックス・ノーマン)リリース。 続けて新曲+リメイクを収録したアルバム『ON THE PROWL』をリリース。
1992年
マイク・ヴェセーラと山下昌良に代わりヴォーカリストとして元FLATBACKER〜EZOのMASAKIを、ベーシストに元XのTAIJIが加入し、新たなLOUDNESSがスタート。 アルバム『LOUDNESS』リリースしオリコン初登場2位を記録。 国内で数多くのライブを行う。 しかし、しばらく活動停止の後、TAIJIと樋口宗孝が脱退。
1994年

新たにドラマーとして元FLATBACKER〜EZOのHIROを迎え『HEAVY METAL HIPPIES』のレコーディングを進める。 このアルバムでは高崎晃自らベースもプレイ。 同時期に『ジャガーの牙』以来のソロアルバムのレコーディングを進めソロアルバム『氣』リリース。ライブへの参加を経て元ANTHEMの柴田直人がベーシストとして加入。 3部作『GHETTO MACHINE』『DRAGON』『ENGINE』をリリースしライブ活動。 ヨーロッパツアーも行い、5万人を動員したオランダでの「DYNAMO OPEN AIR」にも出演。

2000年
高崎晃、樋口宗孝、山下昌良、二井原実のオリジナルラインナップによるLOUDNESSの復活が発表され、『SPIRITUAL CANOE 〜輪廻転生〜』をリリースし国内ツアー。
その後も『PANDEMONIUM 〜降臨幻術〜』『BIOSPHERE』『TERROR〜剥離〜』とリリース。
近年ではソロアーティストとしても『Made in HAWAII』をリリース。
また自身でギター以外のパートもプレイするJI-ZO、ヴォーカリストにHISAEを迎えたJASMINE SKY(ライブでは高崎晃はドラマーとして参加)と、単にギタリストとしてのみではなく多岐にわたり活動中。

[Top]



Copyright 2007 Tricycle ENTERTAINMENT. All right reserved. | 個人情報取扱について